WEB予約ボタン_小.jpg

c.JPG

【住所】
大阪市北区天神橋3丁目8-14
フェスタ天神2階

【電話番号】
06-6809-3141

【受付時間】
10:00~20:00

詳細はこちら

友だち追加数

HOME > どんなことでお悩みですか? > 腰痛

どんなことでお悩みですか?

腰痛

腰痛大国日本!腰痛人口は2800万人!

腰痛は健康姿勢の大敵.jpg

腰痛_見出し.jpg

腰痛のツライ症状、あなたはいくつあてはまりますか?

腰痛の症状_いくつあてはまりますか.jpg

 

 

腰痛の原因って?

015_症状別_2_腰痛_小見出し.jpg腰痛の最大の原因は姿勢。そして運度不足。

腰痛発生のメカニズム

①姿勢が崩れる

②全身の筋肉をうまく使えなくなる

③腰回りの筋肉で体重を支える

④腰回りの筋肉に疲労が蓄積

⑤腰痛となってあらわれる

 

 

腰は上半身を支え下半身と繋ぐ重要な役割がありますが、ずっと同じ姿勢でずっといたり、筋肉を動かすことが少なくなると血流が悪くなり、コリや痛みといった症状が発生します。
腰痛は人間が立って歩くようになったことの宿命だとよく言われます。
しかし、無意識に腰痛の起こりにくい習慣を持っていたり、意識してケアすることで腰痛に悩まされない人もいます。
あなたも腰痛に悩まされているなら、意識的なケアとあわせて生活習慣を変えていくことによる改善が必要です。
 

 

 

腰がつらいならご相談ください.jpg

 

 マンガ体験記_腰痛のワーキングマザー

 

腰痛改善の秘訣「ゴールデンライン姿勢」整体

腰痛を改善し姿勢もキレイに.jpg

健康とキレイを取り戻し維持するため、たどり着いたのが骨盤を中心とした「ゴールデンライン姿勢」整体でした。  

 

ゴールデンライン姿勢整体とは、

①横から姿勢を見たとき・・・「耳」・「肩」・「股関節」・「くるぶし」が一直線に整っている
②後から姿勢を見たとき・・・「頭頂」・「首の付根」・「骨盤」・「カカトの内側」が一直線に整っている

状態を作り出す整体です。

 

腰痛に悩む人の多くは、このラインが崩れてしまい、首・肩・腰・足の位置関係がバラバラになっています。

そうなると、バランスを取るため腰に負担が集中し、腰回りの筋肉に疲労が蓄積。

それが腰痛となってあらわれるのです。

 

骨格と筋肉は互いに連動しあいながら、カラダを支えたり動かしたりしています。

そのため「骨格だけ」あるいは「筋肉だけ」をいくら矯正したり、ほぐしたりしても持続的な効果は期待できません。
 
バランス整体は骨格と筋肉の両方にアプローチし、全体でバランスを整えていきます。
そうすると、全身の骨格と筋肉を使ってカラダを支えられるようになり、腰への負担が軽くなるので
腰痛改善に高い効果が得られるのです。

健康の秘訣ゴールデンライン.JPG

 

腰痛のツライ症状は、長年のクセや姿勢、生活習慣から生まれた、骨盤・肩甲骨・背骨の傾きなど、体の歪みが大きな原因です。

バランス整体 扇町は、そんなツライ腰痛の原因『姿勢の歪み・骨盤の歪み』を元に戻すことで、あなたの健康とキレイを取り戻すサポートをしていく整体院です。
 

こうやって、腰痛を改善していきます

施術_腰トリガー.jpg
広背筋をゆるめる
背骨と骨盤を矯正するために、腰回りの筋肉を緩めていきます。
「広背筋」という筋肉は、大きく分厚いため、なかなか奥深くまでほぐれません。
でも、ヒザを曲げて腰を緩めた状態でほぐすことで、深層の筋肉まで緩めることができます。
 
 
 
施術_方形筋.jpg
腰方形筋をゆるめる
広背筋の裏側にある「腰方形筋」はうつ伏せになっていても触れることができません。
だから、横向きになって脇腹から回り込むように触れて、ほぐしていきます。
 
 
 
 
 
施術_下肢ストレッチ.jpg
お尻~足の外側をゆるめる
腰痛に悩む方は、お尻~太ももの外側が固くなっているケースが多いです。
ココをしっかりとストレッチすることで、腰の緊張もゆるんでいきます。
 
 
 
 
 
 
施術_チェスター.jpg
骨格を矯正する
腰~お尻周辺の筋肉をしっかりと緩めた後で、骨格の歪みを矯正します。
まわりの筋肉がゆるんでいるので、ジワ~っとゆっくりと力を加えて歪みを整えます。
バキバキしなくても骨格の歪みを元に戻すことができます。
 
 
 
 
※施術の一例です。症状により施術の内容・順序は変わります。
 

腰痛が改善したお客様の声

ふきだし-2.jpg

お客様の声-2.png

マッサージに行ってもすぐに腰痛がしんどくなるから、なんとなく骨盤や姿勢が歪んでるんだろうなぁ、ぐらいに感じていました。 

これまでに他の整体で聞いたことが無いぐらい説明が丁寧で、とても分かりやすかったです。
以前は足を組まないと座れなかったのが、骨盤が整っていつの間にか組まないほうが座りやすくなって、腰痛もなくなり、太ももも周りもすっきりとしてきました!
横山 真希さま(30代 OL 大阪市都島区在住)
 
015_症状別_2_腰痛_健康姿勢を取り戻しましょう.jpg

 

バランス整体扇町の整体の流れ

04_施術の流れ.jpg

整体の前に30~40分かけてカウンセリングと検査を行い、どこに腰痛の原因があるのか、骨盤や姿勢が腰痛にどう影響しているのかを説明します。
終わった後には整体の効果を確認するために、再度検査を行い、日常生活におけるアドバイスなどをします。

→詳しくは施術の流れ」

 

腰痛を解消し、あなたの健康ときれいのために!バランス整体 扇町が選らばられる5つの特徴

バランス整体 扇町は「骨盤と姿勢矯正の専門院」として、多くの皆様に選ばれ続るのは、下の5つの特徴があるからです。

そして、もちろん、皆様にご満足いただけるだけの成果が出ているからでもあります。

 

5つの特徴_大.jpg

 

通う期間・回数の目安

症状にもよりますが3~6ケ月くらいで、体に負担をかけずに腰痛がおきにくい状態を目指して、整体をしていきます。

もっと早く腰痛をなくしたい!1回で解消して欲しい!というお気持ちも変わります。
しかし、これには人間の体が生まれ変わるサイクルと脳の性質が関連しています。

毎日、整体や骨盤・姿勢矯正を受けると腰痛は早く改善しますが、整体の効果がカラダに定着し、根本から解消するには一定の期間が必要なのです。
 
回復曲線.jpg
整体で骨盤や姿勢を矯正しても、腰痛が一気によくなることはありません。
初回は大きく変化して楽になりますが、時間とともに姿勢の歪みは必ず戻り、それに伴い腰痛も出てきます。
腰痛がおきにくい、正しい姿勢や骨盤のバランスカラダに定着させるには、定期的に整体を受けることが、結果的に一番の近道なのです。
 

 

 

 

腰痛改善の秘訣はゴールデンライン!HP限定 初回お試し特別価格

オファー_HP限定初回半額5000円.jpg

 
スマホ_腰痛_予約バナー.jpg
電話バナー.jpg
ネット予約バナー.jpg

 

 

どうして腰痛になるの?「腰痛の知恵袋」

厚生労働省の発表では、腰痛人口は(自覚の無い人も含めると)約2800万人いるそうです。
日本の全人口に対して単純に2800万人といえば、4人に1人という計算になります。
腰痛に悩まされる人は、年齢が上がるにつれて増えていくので、30才代以上と限定してしまえば、2人に1人くらいの比率になるかもしれないですね。
じっさい、日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験するといわれます。

腰痛解消2

 腰周辺にあらわれる、「重い」「痛い」「はる」「だるい」などの感覚を総称して「腰痛症」と呼んでいます。
厚生労働省の調査(2006年)によると、日本人の体の不調を訴える自覚症状の中で、「腰痛」は男性で1位、女性で3位と上位をしめており、腰痛人口は年々増加していることがわかっています。
また、欧米人に比べて日本人は腰痛が多いといわれています。
どうして、腰痛の人がこれほどまでに多いのでしょうか?

※クリックすると各項目に移動します。

 

腰痛のメカニズム

腰痛は人間の骨格構造的に避けがたい症状だといわれます。
それはどうしてでしょうか?
 

腰痛は人間の骨格が生み出す

人体は、背骨=によって支えられています。
背骨は、頭蓋骨の下から骨盤まで、椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨24個がつながっており、その部位によって「頸椎(7個)」「胸椎(12個」「腰椎(5個)」に分けら、脊椎あるいは脊柱と総称されます。

これらの骨は、生理的弯曲といわれる緩やかなS字カーブを描いています。

このS字カーブのおかげで、うまくバランスを保ち、2本足で立つことができる仕組みになっているのです。
背骨の中でも、腰の5つの骨「腰椎」は、腰痛と深い関係があります。 

脊椎.png

 

腰椎(腰の骨)は大きな負担に耐えている

腰椎は、頚椎と胸椎に比べて、湾曲の大きさが特徴です。
湾曲が大きいということはサスペンションの役割が強く、それだけ負担がかかっているということです。
また腰椎は、上半身を支えるという役割もあります。

上半身には重い臓器が集中しているため、体重の約60~70%の重さがあります。
体重60kgの人の場合、約40kgにも。
これを支えながら前後左右に動くために、腰椎には常にかなりの負担がかかり続けています。
 

腰を支える筋肉群

腰は大きな関節群なので、その動きに関連する=腰痛に関連する筋肉は多くあります。

腰部.jpg

腰周辺には、「大腰筋(だいようきん)」・「腸骨筋(ちょうこつきん)」・「脊柱起立筋群(せきちゅうきりつきんぐん)」・「腰方形筋(ようほうけいきん)臀筋群(でんきんぐん)」・「広背筋(こうはいきん)」「腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)」・「深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)」など、大小さまざまな筋肉があり、幾重にも重なって体を支えています。
これらの筋肉には大きな負担がかかりやすく、筋肉に疲労がたまることで腰痛がおきます。
 

筋肉の不自然な収縮が腰痛を引き起こす

正しい姿勢は、骨格によってかたち作られますが、その姿勢を維持して各部の動きをコントロールしているのが筋肉です。

腰周辺の筋肉には、無理のない姿勢や動きをとるだけでも大きな負担がかかり、疲労がたまりやすい構造になっています。
また、体を曲げる、伸ばすといった動きをスムーズに行うためには、筋肉を緊張させたり緩めたりが交互に行われます。
この筋肉の収縮と弛緩には、血管を縮めたりゆるめたりして血行を促し、筋肉に酸素を運ぶ役割もあります。
しかし、一定の姿勢を保つ時間が増えたり、悪い姿勢を保つことなどで、筋肉は収縮しつづけ血行が悪くなり疲労がたまって腰痛を引き起こします。
 
 

急性腰痛と慢性腰痛

腰痛は、その発生時期と完治までの期間によって、「急性腰痛」「慢性腰痛」に大別されます
 

急性腰痛の代表「ぎっくり腰」

outuu.jpg急性腰痛とはその名のとおり「いきなり痛くなる腰痛」のことで、ぎっくり腰が代表的なものです。

重いものを持ったり、急にダッシュをしたり、普段使わない使い方をすることで筋肉が損傷し、炎症を発生させます。
その後、強烈な痛みを伴います。
通常、自然治癒で、早ければ数週間で治りますが、ここできちんと治さない、例えば安静にして腰を休めなくてはならないのに、休めずに働くなど、無理の上に無理を重ねたら、その痛みが慢性化していきます。
こうして「慢性腰痛」になるパターンもはよくあることです。

しかし、実際にはいきなりぎっくり腰になるのではなく、普段の姿勢や動かし方、生活習慣などによって徐々に筋肉に疲労が蓄積して行き、限界を超えたところでぎっくり腰になります
その最後の一押しが重いものを持つ、ダッシュするなどの行動が伴うので、いきなり痛くなるイメージがあります。
しかし、実はその前から痛みや不調の信号は出ているのに、気づかずに無理をさせて腰痛になるというのが、ぎっくり腰の一番の大きな原因です。


 

慢性腰痛

慢性腰痛は、大きく分けて2つに分けることができます。
1つはぎっくり腰などの急性腰痛が慢性化したもの。
もうひとつは、筋肉や骨格、内臓の不調やストレスなどが原因で慢性的に続く腰痛です。
慢性腰痛はその原因により、運動や温熱、安静などの自分でできるものから、外科的手術が必要なものまで、処置方法が大きくことなります。
 

腰痛の人間の宿命!?

人は他の動物に比べて、はるかに腰痛になりやすいといわれています。
「腰痛は2足歩行になった人類の宿命」とまでいわれているほどです。
それはなぜなのでしょうか。
人類進化図.jpg
 

腰の骨はもっとも負担がかかる

人類が2足歩行するようになってから、腕が肩からぶらさがり、首や肩に大きな負担がかかることになりました。

また2本の足で全体重を支えるようになったことで、足や腰にもまた集中的に負担がかかるようになりました。

腰痛は、2足歩行をする人の骨格が原因でおこりやすい症状なのです。
立つことによって、骨盤や脊椎は常に重い上体を支えることになり、特に腰椎には大きな負担がかかっています。

立っているときだけでなく、歩いたり、体をひねったり、起こしたり、伸ばしたり、さまざまな動作をするたびに腰にはストレスがかかります。

そのストレスが重なって腰椎が耐え切れなくなると、ゆがんだり変形したりして脊髄を圧迫するようになります。

あるいは、腰椎や骨盤を取り巻く筋肉に負担がかかり、疲労がたまることで、痛みとして知覚されるようになります。

 

腰痛の原因 <筋力の不足・低下>

腰には大きな負担がかかり続けていますが、それを支えるためには当然、それ相応の筋力が必要となってきます。
しかし、筋力が足りていないと、それが腰痛の原因となります。
 

腰の仕組み

私たち人間の背骨は、「椎骨」という小さな骨のブロックが積み重なって形成されています。脊椎.pngのサムネイル画像30以上ある椎骨がつながっている背骨が、S字カーブを描いてバランスよくまっすぐに立っていられるのは、その周りにある筋肉が伸び縮みを繰り返しながら支えているからです。
背骨の中でも、腰部の骨を「腰椎」(ようつい)といいます。
腰椎は5つの椎骨から形成されており、その腰椎とそれを支える周りの筋肉が、腰の動きを可能にしています。
 

腰痛と腹筋、背筋の関係

腰痛予防に腹筋背筋腰椎を支えるのは「腹筋群」と「背筋群」です。
これらの筋力低下がおこってくると、上体の重さや動きを支え切れなくなり、筋肉が常にオーバーワーク状態になってしまいます。
そのため、腰周辺の筋肉が異常に緊張し、疲労を越えて痛みを感じるようになります。
これが、筋力低下による腰痛のメカニズムです。
背筋2.jpg腹筋2.jpg

筋力低下が起こす原因

肥満による筋力低下筋力は年齢と共に低下します。
また、女性は男性よりも筋肉の量が少なく、妊娠期間中には筋力が衰えてしまうこともあり、高齢者や女性に腰痛がおこる確率が高くなるようです。
筋力低下の原因は、主に次のようなことです。
 
・運動不足による筋力低下
・肥満による筋力低下
太っている方は、標準体重の人より重い荷物を背負っている状態と同じなので、それだけ腰痛をおこしやすくなります。
また運動不足になりやすく、それにより筋力低下を招きます。
 
少しかがんだり、くしゃみをしただけでおこる腰痛があります。
これは、腹筋や背筋の筋力低下が一因です。
筋肉が衝撃を吸収するクッションの役割を果たせず、ちょっとした衝撃で筋肉がオーバーワークになって損傷したり、脊椎や腰椎に直接負担がかかっておこります。
 

腹筋と背筋のバランスが重要

腰には大きな負担がかかり続けていますが、それを支えるためには当然、それ相応の筋力が必要となってきます。
しかし、筋力が足りていないと、それが腰痛の原因となります。

 

腰痛の原因 <血行不良>

腰痛の原因となる血行不足。
血行不良から腰痛を発症するという流れをつかんでおけば、自分自身で未然に防ぐことができます。
腰痛

筋肉に疲労が蓄積し血行不良に

血行不良が腰痛をひきおこす原因になっていることを知っていますか? 

毎日の疲労を解消しないままでいると、筋肉に疲労が蓄積していきます。

筋肉に疲労物質がたまると、筋肉が硬くなり血管を圧迫していくために、血行が悪くなります。

そのため、血液の流れにのせて疲労物質を取り除くことが難しくなり、どんどん筋肉に疲労物質がたまり、こりや痛みがひどくなっていきます。

慢性的な腰痛は、こうした血行不良が原因でおこります。

現代社会では、疲労が原因となって血行不良をおこし、腰痛を招いているケースは多くなっているようです。

長時間イスに座ったままだったり、悪い姿勢を続けたりすることでも、筋肉の血行を悪くして腰に負担を生じます。

デスクワークが多いサラリーマンやOLさんは、血行不良からくる腰痛になりやすいです

  

腰痛の原因 <メタボ>

メタボ腰痛.JPG メタボリックシンドロームは糖尿病などの内臓疾患の危険性が高まるだけでなく、腰痛も引き起こします。

太っている人は、腰にかかる負担が標準体重の人より大きいので、それだけ腰痛をおこしやすくなります。

また運動不足になりやすく、腹筋が弱ることでも腰痛になりやすくなります。

 

太りすぎると腰の負担が大きくなる

肥満、特にお腹周りに集中するいわゆる「メタボ体型」になると、お腹の重さに引っ張られるのと、それを支えるために腰のカーブが強くなります。

この状態になると、背中から上の体重がカーブ部分にのしかかるため、常に腰の筋肉が緊張することで腰痛を引き起こします。
 
また、太っている人は運動不足になりやすく、筋肉量の低下、血行不良など、腰痛の原因となる要素を多く抱えています。
 

腰痛の原因 <座りっぱなし>

デスクワーク_腰痛.jpgインターネットやパソコンが普及した現代において、まったくパソコンに触れないという方は、とても少ないのではないでしょうか?

特に仕事のシーンにおいて、パソコンは欠かせないものになっていると思います。
しかし、そんな仕事に欠かせないパソコンが、カラダに負担をかけ、腰痛を引き起こす原因ともなっています。
 

デスクワークは腰に悪い

腰痛を持っている人の中には、1日中パソコンの前で座りっぱなしというデスクワーカーがとても多いです。

デスクワーカーは日中の運動量が少ないので、ジッと座って固定されていることで腰や背中の筋肉が弱ってしまい、カラダを支える力が弱くなってしまいがちです。

また、人間の骨格と筋肉は、まっすぐ立った時に、一番無理がなく、フラットな状態になるように進化しています。
デスクワークで座りっぱなしだと楽だと思うかもしれませんが、膝90°、股関節90°で骨盤がまっすぐ立っている状態で座っていても、腰への負担は立っているときの80~90%も多いといわれています。
しかも、パソコンの前に座っている間、ほとんどの人が正しい姿勢を保てていません。

そうなると腰への負担はさらに大きくなり、腰痛を引き起こすことになります。

つまり、姿勢を支える筋力が不足しがちな上に、腰にかかる負担が大きいので、長時間のデスクワークは腰痛の原因となります。

腰痛の原因 <運動不足>

ナマケモノ.jpg筋肉は日常的にかかる負荷や、可動範囲に耐えられるように維持されていきます。
言い換えると、ふだん使っていない負荷や可動範囲以上に、筋肉は強く、柔らかくなることはありません。

 
運度不足になると、筋肉の強さや柔軟性はどんどん失われていきます。
 

筋肉は使わないと衰える

筋肉は体のなかでもエネルギー消費の大きい部位です。
運動していないときでも、筋肉があるだけでエネルギーを消費していきます。これを基礎代謝と呼びます。
 
普段、使うことのない筋肉は、無駄にエネルギーを消費していることになります。
脳は、生存するためにできるだけエネルギーの消費を少なくしていきたいので、使わない筋肉をどんどん細くしていきます。
 
これが運動不足になると筋肉が落ちていく原因です。
そして運動不足になると、筋力の低下血行不良を招き、そこから腰痛が始まります。
筋肉が落ちると、カラダを支える力が弱くなるので、負担が大きくなり、筋肉が疲れやすくなります。
また、筋肉を使わないと血流が低下し、疲れが取れにくくなります。
 
「運動」というと、習慣のない人にはハードルが高く感じますが、まずはエスカレータではなく階段を使う、寝る前に少しストレッチをするなど、日常生活に取り入れやすいところから始めてみましょう。
 

腰痛の原因 <靴>

ハイヒールを履くと、脚がスラッとキレイに見えますよね。ヒール_レントゲン.jpg
また、女性はファッションに合わせて、どうしてもヒールの高い靴を履くことが多いと思います。
でも、自分の足に合わない靴を、無理に履いていることも腰痛をおこす原因になります。
 

ハイヒールが腰痛を引き起こす

特に女性の方は、ハイヒールに注意しましょう。
かかとの高い靴を履くと・・・
足首→伸びる
膝→曲がる
股関節→曲がる
腰→伸びる(反り腰)
背中→曲がる(猫背)
となって、腰に大きな負担となり腰痛を引き起こします。
 
右はビクトリア・ベッカムの写真です。

20120913_67357techin_thum500.jpg

ものっすごく高いヒールを履いてますが、歩き方が完全に崩れしまっていますね。
 
腰に負担をかけないためには、出来るだけかかとの低い靴を選ぶことです。
ハイヒールはクッション性がほとんどないものが多いです。
本来なら、足首・膝・股関節がクッションとなって、接地の衝撃を和らげてくれていますが、まっすぐに歩けないことで、クッションの役割が果たせなくなります。
その負担が腰へと伝わり、腰痛を引き起こします。
さらには、腰でも吸収しきれなくなると、背中や肩、首にまで衝撃が伝わり、背中の痛みや肩・首のこり、痛みとなって現れます。
 
また、ハイヒールは接地面が少なく、バランスを取りにくいため、普通よりも脚の外側の筋肉に頼って体を支えることになり、これが骨盤の開き、O脚へとつながります。

 

ハイヒールで起こる不調はこちらの記事も参考にしてください。

腰痛改善の秘訣はゴールデンライン!初回お試しキャンペーン開催中

オファー_HP限定初回半額5000円.jpg

 
スマホ_腰痛_予約バナー.jpg
電話バナー.jpg
ネット予約バナー.jpg

 

腰痛改善だけじゃない!ゴールデンライン整体の効果

050_トップ_こんな人来て.jpg

 

 

 

施術料金返金保障制度



当院では整体を安心して受けて頂く為に「施術料金返金保障制度」を設けております。
整体の効果を感じていただけなかった場合は、施術後、3日以内にお申し出ください。全額返金いたします。

※当院はリラクゼーションサロンではないので、「気持ちよくなかった」という理由での返金はお受けいたしかねますので、ご了承ください。

バランス整体扇町の整体の流れ


大阪市北区 腰痛解消 バランス整体 扇町

所在地 〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋3丁目8-14
フェスタ天神2階 
※「扇町交差点」南東側、デイリーヤマザキストアの建物2階
TEL 06-6809-3141
営業時間 10:00~20:00
定休日 日曜・月曜・祝日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地図データ ©2015 Google, ZENRIN
 
 
 
 
地図
航空写真
 
 

このページのトップへ